介護福祉士国家試験の予想模擬試験問題を無料で掲載しています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- --:--:-- | スポンサー広告|
生活支援技術 予想問題2
<生活支援技術 予想問題2>

介護と住環境に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。

 床の材質は、滑りにくいことが必要であるから、摩擦が大きければ大きいほどよい。

 手すりの取付けの際、手すりを握れない利用者の場合には、通常よりも低めに設置する。

 壁や家具などは、高齢者の場合、なるべく落ち着いた配色にすることが好ましく、明るい色や派手なデザインは避けるべきである。

 引き戸は、狭いスペースにも設置でき、機密性が高いというメリットがある。

 ドアの把手(とって)は、円形のものよりもレバー式のものの方が好ましい。



<解答・解説>

1=不適切 
床の材質は滑りにくいものがいいのですが、摩擦が大きすぎると、つまづきの原因となる場合があるので、注意が必要です。

2=不適切 
手すりの取付けの際、手すりを握れない利用者の場合には、手すりに手を乗せて滑らすので、通常よりも高めに設置します。

3=不適切 
高齢者には、落ち着いた色彩が向いていると思われがちですが、すべてをそのような色やデザインで統一すると、変化に乏しく、重くて暗い雰囲気になってしまう場合があります。
また、そのような雰囲気が本人の心理面・精神面に悪影響を及ぼす場合もああります。
本人の好みに配慮するのは当然ですが、明るく華やかな色彩を取り入れることも必要であり、「避けるべきである」というのは不適切です。

4=不適切 
狭いスペースにも設置でき、機密性が高いというメリットがあるのは、片開きタイプのドアです。

5=適切  
ドアの把手(とって)は、円形のものは握力が弱い人や手が不自由な人には使いづらいので、レバー式のものの方が好ましいといえます。

以上より、正解は5となります。


<おすすめ教材>


介護福祉士らくらく合格勉強法
~問題集1冊で14日間で介護福祉士筆記試験に合格~




スポンサーサイト
2015.10.03 Sat 10:18:42 | 生活支援技術| 0 track backs, 1 comments
コメント
この記事へのコメント
テストが近いので、よく見させていただいてますm(_ _)m
UPありがとうございます。
2013.12.04 Wed 22:22:23 | URL | おゆ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
"shw-greenwood" template design by Shallwill
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。